特有などについて実践しました。北半球では陸地の占める面積が激しく、陸地と海洋での気圧分布の時間変動がはっきりしています。そのため、エアーは冬には大陸から海洋に向かって巡り、夏には海洋から大陸に向かって流れます。このように、季節ごとに決して決まったエアーの流れを季節風といいます。季節風は大陸と海洋が係わる範囲、とくに和風列島のような北半球の大陸東岸部で巨大だ。晴れたお日様、海岸付近では日中には海から陸に、夜間には陸から海に向かって特有が吹く。こういう特有を海風、陸風といいます。こういう特有(海陸特有)は海面と陸地の気温のお日様変動の誤差によって生じます。海面の気温が毎日の間で押しなべて変化していないのに対して、陸地は日中は日射によって気温が高くなり、夜は赤外部照射によって気温が低くなります。その結果、日中は陸地より海上で気圧が高くなり、海風が吹く。夜は逆に陸地お隣が高圧になり、陸風が吹く。ずいぶん勉強になりました。ミュゼ カウンセリング 変更